営業の視覚化|オフィスジャパンに電話代行を依頼する|企業活動を支援する
メンズ

オフィスジャパンに電話代行を依頼する|企業活動を支援する

営業の視覚化

男の人

営業活動を見える化する

営業活動を見える化するためには、その活動を日報の方法で、記録させていくことが、最初の一歩と言えるのです。その見える化に役立つツールとして、営業日報があり、この日報形式はかなり前から使われているのですが、ITによるツールかも行われています。IT技術を使った営業日報では、その入力を極力簡単にして、忙しい営業の業務の中でも、入力しやすいような工夫をしていることが、特徴となっています。さらに営業日報は、各企業の業種・業務で変わってくることも多いので、結構カスタマイズができることも、求められる特徴です。そしてIT化の最大のメリットとして、これらの営業日報を迅速に共有化できることがあり、これにより営業戦略を立てやすくするのです。

営業活動管理の注意点

営業日報を用いて、営業活動を見える化していくのには、やはり多くの注意点が存在しており、それらを守ることが重要です。まず最初にいかに営業担当に記録させるかということが、とても大事になりますが、これは入力の手間をいかに省くかということにも繋がります。記録させやすい日報を採用することも肝要ですが、彼らをマネージメントする上司の方が、入力しやすい環境を作ることも肝心なのです。まず最初に日報を書く目的や、そのメリットを明確に部下に示すことが、一番大事なので、注意して内容を検討し、伝えるべきなのです。また場合によっては、何を書くかだけを明確化して、それだけを営業日報の形で書かせるというのも、工夫するポイントです。このように営業日報は営業活動はもちろん、マネジメントにも重要なツールなので、十分に注意して記入をすべきという環境を作ることが肝要です。